泉州タオルとは、約130年の歴史と伝統を受け継ぎ大阪、泉州で生産される安全で安心な国産タオルのことです。
安さだけを追求した輸入タオルや、贈答品用の派手な国産タオルと違い、泉州タオルは130年間ぶれることなく”自分づかいのタオル”をコンセプトに掲げタオルを作り続けています。泉州タオルは日常どんなシーンでも活躍する手ぬぐいからヒントを得た日本人にぴったりのサイズ、すぐに乾きそれでいて吸水性も抜群の絶妙な厚さ、後晒し製法で不純物が一切ない清潔さ、これらのこだわりを守り続けています。飾らない、シンプルで機能的、泉州タオルは大阪のものづくり文化の象徴的存在なのです。

余計なものは一切ない、シンプルで清潔、一番安心なタオル

泉州タオルは1887年のタオルの製造方法が確立した当初から、後晒し製法という独特の製法を貫いてきました。後晒し製法とは、タオルを織る工程の一番最後に漂白、水洗いをする製法のことです。タオルを織る際に使用されるノリや、もともと糸に付着してる油分などが全て最後の工程で綺麗に取り除かれることで、糸が持つ本来の吸水性が引き出され、吸水性に優れ、肌触りもよく、何より余計なものの一切ない清潔で安全なタオルになるのです。