タオル収納のコツ

おしゃれにスッキリと!タオル収納のコツ教えます

毎日使うタオル、どのように収納していますか?

「ごちゃごちゃしているのをなんとかしたい」
「もっと使いやすくしたい」

そう思いながらも、どうすれば良いのかわからず、なかなか手をつけられていない方が多いのではないでしょうか。

今回は、時間がない方にもできるタオル収納のコツを3つ紹介します。あわせて、時間にゆとりがある方向けの収納ポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

タオル収納のコツ3つ

まず、今日からでもできるタオル収納のコツを紹介します。

1.輪を前にする
タオルを棚やカゴなどにしまうとき、揃っていない様に見えれる端側ではなく丸くなる輪を前にしましょう。これは、見た目がよくなる、取り出しやすくなる、という効果があります。

輪を前にしておくと、整理されている印象に見えます。突然の来客があり見られても安心です。

取り出すときに、輪が前でないとうっかり下のタオルの端もつかんでしまうことがあります。そうなった時に、またきれいにたたんで戻すなら問題ありませんが…例えば子どもだと、なかなかそうもいきません。

輪を前にすると取り出しやすくなるので、ぐちゃぐちゃになってしまうのを防げます。

2.下から入れる
洗濯を終えたタオルは、下から入れるようにしましょう。

どんどん上にのせていくと、下のタオルはあまり使われないため、湿気がこもってしまうことがあります。また、タオルごとに使用頻度が異なると、こまめに買い替えを検討する必要も出てきます。

洗濯したタオルは下から入れることで、まんべんなくタオルを使え、まとめて買い替えることができます。買い替えのタイミングを統一しておくとラクなので、おすすめです。

3.色を統一する
キャラクターものや頂きもので、さまざまな色のタオルを使っているかもしれません。

しかし、色が多いと、いくらきれいに収納してもどこか雑然としてしまいます。ですので、次の買い替えのタイミングで、タオルの色を統一することをおすすめします。

一色に統一でもいいですし、同系色でトーンをそろえるだけでも印象が変わりますよ。

時間にゆとりがある場合のタオル収納

時間にゆとりがあって、収納に時間をかけられる方におすすめなのが、「隠す収納」と「こだわりのたたみ方」です。

タオルはどうしても生活感が出がちですので、直接見えない扉つきの棚にしまうとスッキリします。扉つきの棚がない場合などには、棚につっぱり棒と布を使ってカーテンを作ると良いでしょう。

たたみ方も、ホテルのように丸めたり、先にご紹介した端が見えないようにたたんで収納する方法にトライしてみてはいかがでしょうか。

タオルをおしゃれにスッキリ収納して、快適に過ごせる空間作りをしてみてくださいね。

3+