タオルでストレッチ

忙しい新生活におすすめ!タオルで出来る肩や腰をほぐすストレッチ

何かと忙しい新生活。疲れがたまっていませんか?

そんなときにはストレッチがおすすめです。今回はタオルを使ったストレッチを紹介します。

気づいたときに少しするだけでも、身体がすっきりするような感覚があります。お風呂上がりに取り入れると、睡眠の質も良くなると言われています。

ぜひ試してみてくださいね。

タオルでできるストレッチの注意点

まず、タオルを使ってストレッチをするときの注意点を紹介します。

1.呼吸を止めない
呼吸を止めて力を入れてしまうと、身体を痛める原因につながってしまいます。ゆっくり腹式呼吸を意識しながらできると、よりじっくり身体を伸ばせます。

2.ゆっくり行う
ストレッチは、ゆっくり呼吸に合わせて行うことを意識してみてください。トレーニングではありませんので、かたくなっている部分が伸びていることを感じながら行うとよいでしょう。

3.力まない
効果を期待するあまり、力を入れすぎないよう注意しましょう。勢いをつけて無理に伸ばそうとがんばらないことも大切です。ストレッチを続けていくと、少しずつ可動域が広くなっていきますので、できる範囲で焦らず続けることです。

 

タオルでできるストレッチ【肩編】

まずは肩こりがラクになるストレッチです。

1.フェイスタオルを肩幅より少し広くなるくらいのところで両手で持つ
2.タオルを持ったまま、ゆっくりと頭の上まで腕を上げる
3.タオルを引っ張りながら、頭の後ろを通るように腕の曲げ伸ばしをする

ゆっくり行うことがポイントです。肩甲骨を中心に寄せるイメージでしてみてください。

 

タオルでできるストレッチ【背中編】

続いて、背中のストレッチです。スタートは肩編と同じです。

1.フェイスタオルを肩幅より少し広くなるくらいのところで両手で持つ
2.両腕を前に伸ばした状態で、上半身を左右にねじる
3.次に頭の上に腕を上げて、上半身を左右にねじる

ねじる回数は10~20回ほどを目安にしてみてください。お腹まわりへの刺激にもなります。

タオルを使って手軽にストレッチ習慣を

今回、肩と背中の2種類のストレッチ方法を紹介しました。

ストレッチは身体を伸ばすという効果だけではなく、同時にゆっくりと呼吸をすることでリラックス効果や心を落ち着かせる効果があります。

おすすめのタイミングはお風呂上がりです。あたたまった身体でタオルを片付ける前に、ちょっとストレッチする。毎日の空き時間に実施する習慣をつけて頂くのが良いです。
毎日は難しい場合にはまずは休日に少し実施する事から始めて頂くのもお勧めです。

関連リンク:
⇒ストレッチにも使える薄手の泉州タオルの通販はこちらから

1+