薄手の泉州タオル taoru200

速乾で持ち運びやすい!薄手タオルのメリットデメリットを紹介

薄手のタオルというと、旅館にある体を洗う用やノベルティでもらうものを思い出す人が多いかもしれません。

薄手のタオルは実は普段づかいに最適なんです。
今回は泉州タオルの特徴のひとつである薄手に着目し、メリットやデメリット、おすすめの使い方をご紹介します。

 

薄手タオルのメリット

薄手のタオルのメリットは、大きく3つあります。

<1>持ち運びしやすい
薄手のタオルはかさばらないので、持ち運ぶのに便利です。スポーツをする人や子どもがいる人に多く選ばれています。(かさばらないので、ご自宅での収納時も場所を取らないのも利点です。)

<2>乾きやすい
薄手のタオルは薄いので、乾きやすいのも特徴です。部屋干しすることが多い人や家族がいるなどで毎日たくさんの枚数を洗濯する人に特におすすめです。

<3>濡らして使いやすい
薄手のタオルは濡らして使うときにも便利です。お風呂で体を洗ったり、体をふいたりするときに、薄手のタオルだとやりやすいです。また、外出時のおしぼりにもよいですね。ぬらしてビニール袋などに入れておくと、水道がない場所で便利です。

 

薄手タオルのデメリット

では、薄手タオルのデメリットも見てみましょう。

<1>来客用には向かないことも
来客時に体を洗う用にと薄手のタオルを用意するのは良いと思いますが、体をふく用は厚手のバスタオルのほうが印象が良いこともあります。

家族での普段づかいは扱いやすい薄手タオルだとしても、来客用に厚手タオルを用意しておいたほうが良いかもしれません。

<2>吸水量が少ない
薄手タオルは厚手タオルよりも体積が小さくなるため、吸水量が少ないといわれています。お風呂上がりに使うバスタオルは、吸水量が多い方がさっとふけていいですよね。

ただ、薄手の泉州タオルの場合には吸水量はその体積のため少なくなりますが、吸水性で見れば異なります。薄手でも、吸水性が高いのでさっと水を吸ってくれるのが泉州タオルの特長です。そのため、薄手のタオルがほしいと思う方には、泉州タオルがおすすめです。

 

扱いやすい薄手タオルは普段づかいにおすすめ

薄手のタオルのメリットやデメリットを紹介してきました。

薄手のタオルは普段づかいに最適です。泉州タオルなら薄手ながらも吸水性が高いので特におすすめです。さらにふわふわで触り心地も良いので、厚手のタオルとはまたちがった使用感を楽しめます。

taoru.comでは、薄手はもちろん厚手の泉州タオルも扱っていますので、「来客用には厚手がほしい」という場合でも、まとめて購入できます。

もし、薄手のタオルはあまり使ったことがない方は、ぜひ一度試してみてくださいね!

 

関連リンク:
〇薄手の泉州タオル taoru220

1+