赤ちゃん用におすすめのタオル紹介

赤ちゃん用タオルのおすすめは?選び方を紹介

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。特にお風呂上がりの肌は敏感になっていますので、タオル選びは大切です。

今回は小さなお子様も含めて赤ちゃん用のタオルやバスタオルの選び方やおすすめのタオルを紹介します。出産準備をしている方、すでにお子さんがいる方もぜひ参考にしてくださいね。

赤ちゃん用タオルの選び方

赤ちゃん用のタオルで特に大切なのが、肌触りです。

赤ちゃんの薄い肌は、ちょっとしたことでも刺激になります。なので、ふわふわの肌触りのタオルを選んであげましょう。ふわふわのタオルでこすらないようにポンポンとやさしく水分を取ってあげるのがポイントです。

ふわふわの肌触りというと、厚手のタオルを想像される方が多いかもしれません。たしかに厚手のタオルはふわふわで吸水量も多いですよね。

しかしその反面、厚手のタオルは吸水量が多い分、乾きにくいというデメリットがあります。

赤ちゃんは体温が高いので、汗をよくかきますし、吐き戻しなどで汚れてしまうことがあります。ですので、赤ちゃんがいると洗濯するタオルの量が増えます。

梅雨の時期など雨が続いたり、寒い季節だったりするとなかなか乾かないことも。

そこで、赤ちゃんのお世話に追われる忙しいママにおすすめなのが、薄手のタオルです。
薄手なので乾きやすく、収納するときも場所を取りません。

 

赤ちゃん用タオルこんな使い方も

タオルやバスタオルは、さまざまな場面で使います。

寝るときやチャイルドシートに乗せるときに敷いたりできます。暑い季節には、エアコンなどで涼しくしていても、赤ちゃんはびっくりするくらい汗をかいていることがあります。

また、濡らして使うこともあります。汗をかいて着替えるときに濡らしたタオルでふいたり、吐き戻しなどで汚れてしまったりしたときなどです。シャワーで流すほどでもないなというときですね。

このようなときには薄手のタオルが便利です。

赤ちゃん連れのお出かけは、とにかく荷物が多くなりがちです。そんなときに薄手のタオルだとかさばらないので、持ち歩きやすいです。

そして、濡らしたときにしぼりやすいので、扱いやすいところもメリットといえます。

 

泉州タオルは赤ちゃん用タオルにおすすめ

赤ちゃん用タオルは、肌触りがよく薄手のものがおすすめです。その点で、泉州タオルは条件がピッタリなんです。
泉州タオルは、吸水性が高いので、さっとふくことができます。そして、ふわふわの肌触りもポイントです。

薄手なのに、ふわふわで吸水性が高いタオル…あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃる方はぜひ一度泉州タオルを試してみてくださいね。

あと、赤ちゃんや小さなお子様以外にも、上述したような点からお肌が敏感な方にもおすすめですよ~

1+