how to humidify a room with towel

乾燥対策・風邪予防にも!タオルを使った加湿方法を紹介

「朝起きたら、喉がイガイガする…」
「肌がカサカサする…」

寒い季節になってくると、乾燥が気になるもの。体調を崩す原因にもなってしまいます。
そこで、加湿器がなくても手軽にタオルで加湿できる方法をご紹介します。

タオルで加湿する方法

タオルで加湿する方法は、カンタンです。タオルを濡らして部屋の中に干すだけで加湿できます。

必要なタオルのサイズは、部屋の広さや気候などで変わってきます。ですので、夜に濡れタオルを干してみて、朝起きたときにタオルが乾ききっているようなら、大きめタオルに変えるか、タオルを増やしてみてください。

朝でも湿っているようなら、少し減らしてみるなど、いろいろ試してみるのがおすすめです。

タオルを干す際は、折りたたみできるタオルかけがあると便利です。部屋干しにも使えるので、部屋のサイズに合わせて用意しておくとよいです。

タオルで加湿する際の注意点

タオルで加湿をするときの注意点が2つあります。

(1)きれいなタオルを使う
お風呂上がりに使ったタオルなど、一度使ったタオルは避けましょう。臭いの原因になります。

同様に、一晩干したタオルもその都度洗うことをおすすめします。干しているとはいえ、濡れた状態でしばらく置いているので、雑菌が繁殖している恐れがあるからです。

(2)水がポタポタとたれてこない程度にしぼる
部屋の中に大きいタオルを広げられないからと、小さいタオルをひたひたに濡らして干すと、床が濡れてしまいます。

床にシミができてしまうことがあるので、水がたれてこない程度にしぼりましょう。

タオルで加湿する際のプラスα

タオルで加湿する際におすすめなのが、精油(アロマオイル)でタオルに香りをつけることです。
ご自身の好きな香りにするのも良いですし、風邪予防が期待できる精油を選ぶのもよいです。

やり方は、精油を1〜2適入れた水でタオルを濡らすだけです。

風邪予防なら、抗菌・殺菌作用が期待できるティーツリーやユーカリがおすすめです。
ただし、100%天然成分の精油を選びましょう。合成香料では効果が期待できません。

タオルで手軽に加湿して、乾燥対策・風邪予防に取り組んでみてくださいね。

0